最新の関連ページ一覧

不動産投資は直接物件を購入しなくてもできる

投資の世界にあまり詳しくない人に不動産投資をすると言えば、多くの場合で反対されます。
不動産の現物を持つのは、リスクが高いからでしょう。
初期費用も多くかかってしまいます。
長期的に不動産は劣化していくものですから、その点もデメリットです。
さらに、費用を回収してプラスを出すまでには、十年以上の歳月がかかってしまう点も、一般の人が不動産投資を忌避する理由の一つでしょう。
しかし、実際は現物の不動産を持たなくても、不動産に投資はできるのです。
間接的に投資をする方法がいくつもありますし、大勢で一つの物件に投資をしてリスクを分散させる方法もあるのです。
REITというのが、その代表例でしょう。
これは、間接的に不動産に投資ができる商品群のことで、株と同じように市場にて購入ができます。
持っているだけで、年に3%程度の配当がもらえますから、これだけでも十分な不動産投資になります。
これなら、物件を抱え込んでしまうことで発生するリスクは無視できるレベルになるはずです。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産 . All Rights Reserved.