「売主物件」の持つメリットとは

不動産の販売には、主に3つの形式がありますが、その1つに「売主物件」と呼ばれるものがあります。
この「売主物件」とは、自社で仕入れた土地に建物を建て、直接販売を行っているという物件のことであり、売主と買主が直接取引を行うのが特徴です。
「仲介物件」と呼ばれるものの場合は、売主と買主の間に仲介する業者が入りますが、売主物件の場合はその仲介者がいないということです。
売主物件のメリットとしては、まず「仲介手数料がかからない」ということが挙げられます。
仮に3000万円の仲介物件であれば、仲介手数料として100万円近く支払わなければならなくなりますが、売主物件であればそれを支払う必要がないため、その分の費用がお得だと言えるでしょう。
他にも、自社の物件を扱うため物件に関する情報が豊富であることや、新築であれば10年瑕疵担保責任があるためアフターメンテナンスも安心できるといったメリットもあります。
だだし、自社物件に限られるため、物件の選択肢が少なくなるというデメリットもあると言えるでしょう。

立地で選ぶ中古マンション

http://royal-juken.jp/kuukireizumu/sou.php
ロイヤル住建が建てる空キレイズムの「創」とは?

http://gotyoujyuclub.com/
充実したサービスと快適さで大人気!ご長寿くらぶの高齢者向け住宅

茨城で注文住宅を建てるのにおすすめの工務店
エフリッジホームなら住むごとに味わいが出る自然素材のお家をつくります

おしゃれで丈夫な家を建てたい方へ
オウルの家を検討されてみてはいかがですか?

最新の関連ページ一覧

士業というのは、弁護士や公認会計士など、最後に「士」が付く資格職のことを指しています。
一般的

士業の中でも狙い目な不動産鑑定士

不動産物件の中で賃貸用の物件では、便利で新しいほど価値が高くなります。
それはそのまま家賃の高

賃貸物件の立地と不動産の価値の意味

投資の世界にあまり詳しくない人に不動産投資をすると言えば、多くの場合で反対されます。
不動産の

不動産投資は直接物件を購入しなくてもできる

Copyright(c) 不動産 . All Rights Reserved.